資料請求はこちら

35期アナトレ出身の
BSフジNEWSキャスターより

アナトレ出身の学生キャスターからのコメントを掲載しています!

BSフジ NEWS 第35期
火曜日担当 
慶應義塾大学文学部 2年
小田安珠(おだ あんじゅ)

東京の下町、日本橋で育ちました。江戸っ子です!幼い頃から人のあたたかさに触れながら、表現力を磨くことに熱中してきました。14年間打ち込んできた、表情や繊細な身体の動きで色々なものを表現するクラシックバレエは、人に「伝える」活動をする際に私の糧になっていると実感しています。
今回、アナウンスの経験を積みながら、皆さんの生活に貢献することのできる機会を頂き、とても嬉しく思います。同時に感じる責任など全てを向上心に変え、持ち前の表現力を活かして一回一回の放送で成長して行きたいです。
江戸っ子らしく人情深いアナウンサーを目指し、全国の視聴者の皆さんを想いながらニュースをお伝えします!半年間よろしくお願いします!

BSフジ NEWS 第35期
火曜日担当 
獨協大学法学部 2年
馬塲亨介(ばば きょうすけ)

僕は幅広い年代の方々から支えて戴きました。今までの生活の中で辛いと思う経験もありましたが今、思い返すとその時々で僕のことを見守り支えてくださる方に出逢えました。とても有難いことです。今回、BS学生キャスターを務めさせて戴くことになり、少しでも元気に成長した僕を見てもらえればと思っています。また、BS学生キャスターとしてニュースをお伝えすることになる為、楽しみつつも、しっかりと丁寧に向き合い、視聴者の方々に分かりやすくお伝え出来るよう、全力を尽くします。短い時間ではありますが、言葉の一言一言を大切にし、一生懸命ならぬ一言懸命に頑張ります。不出来な面が多々ありますが、暖かく見守って戴ければと思っています。宜しくお願い致します。

BSフジ NEWS 第35期
水曜日担当 
青山学院大学文学部 3年
遠野愛(とおの あい)

大学では英語スピーチ部に所属しています。私の伝えるときのこだわりは、話のスピードや間に気をつけることと、身振りや手振りをつけることです。聞いてくださっている方々の目がキラキラと輝きだして、体制が前のめりになったとき「伝わった!」と実感して嬉しくなります。好きが高じて、ボディーランゲージ1級認定資格も取得しました。一度「やりたい!」と思ったことに対して、努力を惜しまず突き詰められる性格です。ずっと目指していたBSフジ学生キャスターでもこの性格をいかして、半年間ニュースをお伝えします。周りの方々へ感謝の気持ちを忘れず、一生懸命頑張りますのでよろしくお願い致します。

BSフジ NEWS 第35期
水曜日担当 
明治学院大学社会学部 3年
中村怜樹(なかむら れいじゅ)

でっかい富士山のもと誰よりも食いしん坊に育ちました、中村怜樹と申します。 常に新しい事を発見しては、すぐにワクワクしてしまう性格です。 そんな私は昔から伝える事が大好きで、それに飽き足らず東京に飛び出してきました。 そして、言葉一つ一つに対して、丁寧にさらにきちんと向き合うようになりました。 その場がぽっと暖かくなったり、笑顔で溢れたり...言葉の力は偉大で、言葉がきちんと届いた時に、相手の心と繋がる瞬間が大好きです。 これこそが生きがいで、誰かが必要として頂ける事がとても嬉しくて、少しでも誰かの力になりたい、そんな思いで何事にも全力で取り組んで参ります。感謝の気持ちを忘れずに頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。

BSフジ NEWS 第35期
木曜日担当 
立教大学社会学部 3年
小川美紅(おがわ みく)

「せっかくなら何事も前向きに乗り越えよう!」これをモットーに日々のどんな些細なことでも、楽しんで取り組むことを心掛けています。15kgのビール樽を背負って4時間歩く球場のビールの売り子のアルバイトでは、「階段上るのってなんて楽しいんだろう…!」と思い込みながらやってみたり、つらくて続かない筋トレは、「Let’s go!!Come on!!」とモチベーションをあげてくれる海外インストラクターの動画を見てやってみたり。 今回の学生キャスターも、自分なりの楽しみ方を見つけて、真摯な姿勢でニュースをお伝えしたいと思っています。そして、視聴者の皆様が少しでも前向きな気持ちになっていただけるようなキャスターを目指して精一杯頑張ります!宜しくお願い致します。

BSフジ NEWS 第35期
木曜日担当 
慶應義塾大学法学部 3年
鈴木杏花(すずき きょうか)

初めまして、鈴木杏花です。好き!やりたい!にはどこまでも貪欲に熱く取り組みます!半年間はあっという間ですが、冬の寒さを吹き飛ばすほっこりニュースから注意喚起まで、ニュース1つ1つと向き合い、お届けします。私はかなり鈍臭く、よく壁に当たったり転んだりします。でも!14歳から高校卒業までは単身カナダ暮らしをしていた強い部分もあるんです!言葉の壁は、熱い気持ちを声に乗せるだけであっという間に解決する事に気付きました。いつもケラケラ笑いあっけらかんとしていますが、ニュースには鈍臭さが出ないよう、つまずかないようにきちんとお伝えします。女子っぽく見られる私ですが、趣味は筋トレで、懸垂やらうさぎ跳びやら、日々軍隊並のトレーニングをしています。新体制6名の2代目は責任重大ですが、6人全員で力を合わせて頑張って行きます。

ページトップへ